2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


浜野組の自主制作映画 『百合子、ダスヴィダーニヤ』が、10月のクランク・インをめざして動き出した。支援する会のカンパ運動が始まり、その関係でこれまで無縁と思っていたツイッターを始める。
これがあんがい面白い。もっとも、わたしはこの数日もっぱら写経のようなことをやってるだけなのだが、他の人たちの呟きが面白い。つい読み入ってしまって、ミクシやこのブログから、すっかり足が遠のいてしまった。

この新作については改めて書くが、活発な活動が展開されている支援する会に注目してください。

映画『百合子、ダスヴィダーニヤ』支援する会
●公式ブログ
http://d.hatena.ne.jp/hamanosachi/
●百合子&芳子の言葉ツイッター
http://twitter.com/yoshiko_yuriko
●映画制作ツイッター
http://twitter.com/yurikoyoshiko
●mixiのコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4998832

なお、ヤマザキ個人のツイッターは以下。リアルタイムで入ってくる生のニュースや感想も面白いが、わたしが楽しく読むのがbotという名言ツイッター。マンガや詩のフレーズがランダムに紹介されて楽しい。わたしも真似して、botではないが、中島敦の小説の一節をピックアップしてみた。パソコンでやたら難しい漢字を探しながら書き写していると、気持ちが落ち着く。写経効果に近いようだ。

●ヤマザキツイッター
http://twitter.com/kuninori55


comment

初めてのツイッターです。
尾崎翠の未発表作品が鳥取県立図書館で発見されたというニュースを先ほどnetで見ました。

  • 春声@
  • 2010/06/20 5:24 PM

mamikoさま
漢語と旧かなというのは合いますね。「文字禍」は文芸文庫で、かな遣いは直されていました。それで自宅から「李稜」の旧かなのを引っ張り出してきたのですが、緊迫感が心地いいです。ざわざわした気持ちを沈静してくれるよう。他人に会いたくなくなります。

中島敦つぶやき、楽しみに読んでます。なんか気持ち落ち着くのわかります。あの文体ならではですよねえ。読み直したくなってわたしも引っ張り出してきてしまいました。

  • mamiko
  • 2010/06/04 9:30 AM









trackback