2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


<二日酔いで、酷暑の京都の町に放り出されるのはキビシイ体験だ。部屋を掃除してもらうために、慌てて日記をアップし、ホテルを出てきたので、やっと見つけたネットカフェで、若干の手直し>

昨夜は、鳥取からゲストとして駆けつけてくれた翠フォーラムの土井淑平代表と深夜まで飲んで、目下わたしは絵に描いたような二日酔い。
しかし、昨日の京都シネマの尾崎翠映画2本の上映は、次の写真が如実に物語っている。



居酒屋の前で気勢を上げているのは、大阪府箕面市から大挙してやってきてくれたTEAMヤミナベの諸君と、土井代表および浜野監督。今年の1月31日に、箕面市で『百合祭』の上映会をやってくれたのだが、その時のタイトルが「Yesアドレナリン!GoGoドーパミン!」だった。意味分かります?

●TEAMヤミナベのブログ
http://kitashiba-seminar.seesaa.net/
●『百合祭』上映会の模様
http://kitashiba-seminar.seesaa.net/article/139965149.html

昨日の一回目の上映は『第七官界彷徨−尾崎翠を探して』(新編集版)だったが、映画館と観客の関係って不思議なものですね。一昨日は不審そうなマジマジ顔で迎えられたゲスト・トークだったが、それ以上に入った昨日のお客さんたちの眼差しの、なんと温かく柔らかいこと!

冒頭、浜野監督が、これまでに尾崎翠の作品を読んだことがあるかどうか尋ねると、三分の二以上の人が読んでいた。今回の上映を楽しみにして来てくれたことが、よく分かる皆さんの表情。うーん、原作を読んでいないと、理解しにくい映画というのも困ったものだ。

わたしの一昨日の悪戦苦闘が嘘のような会場の雰囲気に包まれ、土井代表も確信を持って尾崎翠の魅力と、映画化の意義を語ってくれた。『尾崎翠と花田清輝』という著作もあるこの人は、人形峠のウラン残土問題や反原発に取り組んで来た、筋金入りの活動家でもある。アジテーターの風格があるね。 



ゲスト・トークの後の『こほろぎ嬢』の上映になったら、観客の数がグッと減ったしまったのは残念だが、どうやらトークは一回目の上映に付いていると思われているようだ。実際には、早く来てくれれば、二回目の上映の観客の方も入れるので、これから来てくださる方はご留意ください。

TEAMヤミナベは、硬派の社会問題に快活な切り口で取り組んでいるグループだが、『こほろぎ嬢』を観たチエちゃんが「不思議の国のアリスみたいで、とても面白かった」と言ってくれたのは、わが意を得た思いだった。
町子や九作、こほろぎ嬢にとって、目の前の現実こそ「不思議の国」である。そこで彼らは、屋根裏の自室や図書館、映画館などに引きこもり、時に歩行しながら、頭の中でモノローグをつぶやくのだ。

TEAMヤミナベの諸君は、28日(水)夜の本町館ピンク映画ツアーにも参戦してきそうな勢いだが、果たしてどうなることだろう。



その本町館では、昨日書いたような広告代理店のミスで、昨日も太田耕耘キ氏司会で、浜野監督とわたしの舞台挨拶を行なった。アフターフォローなので、当然お客も少ない。質疑応答の際には、常連のお客さんから、いつ来ても観客が少ないが、ピンク映画監督は生活していけるのか? という質問まで出た。

ピンク映画の観客のなかには、こういう温かい心持ちの人も多く、一昨日の本町館での舞台挨拶を聞いたと、京都シネマで声をかけてくれた男性客が、昨日は二人もいた。また、京都シネマで尾崎翠の映画を観た後、本町館に回ってくれた女性の(!)お客さんもいたらしい。
まったく性格の異なる映画館2館のこうした交流こそ、今回の企画の真骨頂だろう。



さて、今日はこれから『百合祭』の上映、ひびのまこと氏(関西クィア映画祭代表)を迎えてのゲスト・トーク、そして『第七官界彷徨−尾崎翠を探して』の上映と続く。
今日は果たして…

<追加の本町館での舞台挨拶で、わたしはつい、人がエロを感ずるのは股間やオッパイだけでないはずだ、これからやる拙作では卵や目玉のエロを展開している、文句があったら、水曜日の飲み会に来て、わたしに直接言ってほしい、などと、意図せずに、いささか挑発的なことを言ってしまった。あんなもの、まったく感じなかったぞ、とか言われたら、どうしよう。
実は昨日、ゲスト・トークの後、土井さんを案内して本町館に行き、並んで拙作を観たのだが、短く「笑いました」とだけ言って、後は何も語ろうとしなかった。おそらく時間の無駄をさせてしまったに違いない。嗚呼!>


comment

春声さま
福岡も暑いのではないですか?
京都は一歩外に出ると、空間が暑さで揺らいで見えます。そのせいか、思いのほか『百合祭』の客足が伸びません。映画興行は難しいですね。

  • ヤマザキ
  • 2010/07/26 10:58 PM

浜野佐知様(東京&福岡で映画監督としてもさちさまとしても面会済)
土井淑平さん(鳥取で面会済)
太田耕耘キ氏(Mail&〒でcontact済)ヤマサキ某氏が見えない!!
遠方から写真にて見られる時代、人間の叡智・実行力に感動してます。

  • 春声
  • 2010/07/26 2:00 PM









trackback