2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


明日8月14日の東京プライドパレードでは「浜野佐知監督を支援する会」のブースで、チラシをまき、映画『百合子、ダスヴィダーニヤ』へのカンパ活動を、強力に展開する、と言いたいところだが、弱気なわたしに、有効な営業活動がどれほどできるか、まったく心もとない。

事務局担当として、缶バッジを2種作ったが、これも本当は手作りするはずのものを、根性がないため、製作会社に発注した。映画のタイトル文字が入った方が良い、というアドバイスがあったのに、写真と文字を組み合わせたデザインできないため、湯浅芳子と中條百合子の写真をそのまま使った。

 

これは角型の2ショットで、丸型の2倍の原価だが、写真のデザイン上、止むを得なかった。二人でソビエト留学した時に、ウィーンで撮った写真だが、なかなか良い雰囲気で仕上がっている。四隅の角が引っかかりそうなのが、ちょっと気になるけれど、アピールする印象は強い。



こちらは丸型で、円の中が実質のバッジとなる。やはりソビエト留学の際に、モスクワで資料を調べる湯浅芳子。丸いカーブが美しく、手触りもいい。缶バッジというのは、本来、丸型が王道なのかもしれない。事務局担当の判断で、角型も発注したが、もしかしたらわたしの責任が問われる事態になるかも。

これらのバッジや、『百合祭』などのDVDを販売しながら、チラシをまいてカンパを募るが、他人の映画に幾ばくかのお金を出そうという人が、果たしてどれぐらいいるものか。支援する会の女性たちが頼りだ。

明日のことだけれど、もしこの心細いカンパニア活動を手伝ってやろうという奇特な人がいたら、代々木公園イベント広場の「浜野監督を支援する会」のブースに、ヤマザキを訪ねてください。午前10時半頃から夕方6時ぐらいまでやってます。


comment

春声さま
心配した角型の四隅の角は、実際につけて1日過ごした経験から、それほど問題じゃないようです。子供には向かないと思いますが、昨日子供が欲しがったのは丸型のほうでした。
販売価格は、角型が300円、丸型を200円としました。そしてカンパを頂いたときに無料で進呈しました。カンパをお願いする道具としても、缶バッジは有効なようです。
福岡にも送りますので、宣伝に使ってください。

  • ヤマザキ
  • 2010/08/15 11:06 AM

先刻のコメントレスに掛け算の計算違いあり。
@200x10=¥2000
@300x10=¥3000
ってことですね。失礼しました。

  • 春声@
  • 2010/08/14 1:27 PM

金属なので、確かに角型は少々つらいか。どうだろう、入手してみて工作道具を使って角が落とせぬものか細工?四隅にアールを入れて。単価いくらで販売でしょう?最近身の回りでのこの手のもの販売事例:広範にひとりひとりに購入を訴えるときは「1個どうぞご購入を!」。持ち帰って頂き組織や仲間の方に広めてもらえるよう、10枚単位で購入願う。@が200なら1組¥1000ということ。東京にいるんだったら、代々木の森に手伝いに行くのに!昼飯時の留守番役くらいならできる。暑熱東京、健康に気をつけて下さい。

  • 春声@
  • 2010/08/14 1:24 PM









trackback