2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


ライターの眞美子さんに勧められて、ファイスブックに登録してみた。だけど何をやっていいのか分からない。やっとツイッターに慣れてきたところなのだ。
取りあえず近所の話を書いてみた。知り合いも少しずつ増えている。参考になるかと思って映画「ソーシャル・ネットワーク」も観たが、ほとんど参考にならなかった。
ツイーター同様に、ブログに転載してみる。ツイッターの転載はまことに不評で、あんな読み難いもの、誰も読まないと酷評された。

DSC03160.JPG
昨年10月末の猪苗代湖

●1月26日
自室の近所に『肉そば』と大書した店ができた。蕎麦は好きだが『肉そば』という語感は食欲の湧くものではない。ある夜、酔っぱらって入った。山形県寒河江市のナントカという地域の名物で、鶏肉の入った冷たい汁で日本蕎麦を食べる。冬でも冷たい肉そばを食べるらしい。しかし店には温かい肉そばや、蕎麦をラーメンの麺にしたメニューもあった。厳寒の深夜なので、最初ネギがたっぷり盛られた温かい肉そばを食べたが、山椒入りラーメンがある事に気づき、引き続き食べる。酔いのなせる業だが、これが美味かった。(続く)

わたしは山椒の匂いがたまらなく好きで、確かに香りはするのだが、どこに入ってるか分からない。店を出る時に尋ねたら、山椒の実からオイルを抽出し、それを混ぜるのだとか。分からないのは店名で「フクロウ」を「鳥」偏に「笑」と勝手に作字している。二回目行った時に尋ねたら「フクロウは縁起のいい鳥で、なおかつ、いつでも笑って仕事をしたいから」という二重のモティーフで、手書きの漢字ができ上がったらしい。はなはだ理解し難い。
*十二社通り・熊野神社交差点そば。

Mamiko Iwasaki こないだ浜松の鰻屋でこの世のものとは思えないいい香りの山椒と遭遇しました。ひつまぶし食べ終わったあとにも、お茶に山椒かけて飲んでしまいました。人は、山椒だけでトリップできるということを初めてあの時知りました。
山崎 邦紀 山椒でトリップ! 的確なご指摘です。南会津の庭に山椒の木があり、また勝手に自生してくるのですね。時々葉っぱをちぎっては、じっと匂いを嗅いでいます。

●1月27日
 やはり近所の店の話。同じく熊野神社交差点近くに、キラー・カーンの立ち飲み屋がある。そう、あの大巨人、アンドレ・ザ・ジャイアントの脚を折った伝説のプロレスラーだ(といっても誰も知らないか)。ずいぶん以前、わたしが新井薬師に住んでいた頃、中井でスナックをやっていたのは知っている。日野繭子さんがバイトしていたらしい。(続く) 

中井のスナックには入ったことはなかったが、昨年立ち食いカレーか何かの店が改装され、いきなりキラー・カーンの似顔絵が登場したのには驚いた。思わず入ってホッピーを飲む。カウンターの向こうで夫婦かも知れない男女の人が接客し、奥のレジのところに巨体、キラー・カーンその人がいた! もしかしたら調理とレジを担当してるのかな。その辺は分からないが、伝説の人を遠目に見ながら飲む酒は楽しい。(続く)

キラー・カーンは「カンちゃん」の愛称で親しまれ、それで「カンちゃんの店」と言うらしい。確か大きなシリーズの優勝決定戦でホーガンかアンドレと闘ったのが、レスラー人生のハイライトだったと思う。レジに一番遠い場所にいたので、言葉を交わす機会はなかったが、楽しく酔っぱらった。後日通りかかると、若い世代の客と一緒に店の前で写真を撮ったり、サービスに務めていた。引退したプロレスラーには幸せな生活を送ってもらいたいと、心から願う。








comment

ぜんぜん「隠遁生活」ではないのです。尾崎翠の「影への隠遁」というフレーズが気に入って、ブログのタイトルにつけたのですが、この暑いなかピンク映画の準備に追われています。
海ちゃんの陶芸作品は素晴らしいと思いました。その一方で、ポートレイトにはビックリ。
メール出します。

  • ヤマザキ
  • 2011/08/15 5:46 PM

山ちゃん、み〜つけた!
なんとうらやましい隠遁生活。
海への感想ありがとうございます。携帯無くして連絡とれないので、連絡ください。番号、アドレス変わりなし。

  • ヒサシブリノカシイ
  • 2011/08/15 12:09 PM









trackback